在りし日の朝ごはん
出来るだけ食べる様にはしているのですが。。。

食べたり、食べなかったりの朝ごはん

時間的にも、気分的にも余裕がある時には
ちょっとだけ手間をかけ、作る朝ごはん^_^

本日の朝ごはんをご紹介!

c0160518_17592709.jpeg

メインはまるきのメニューにもある
新得地鶏を使った唐揚げ!

まるきでは炭火で焼いてお出ししているので
今回は唐揚げにしてみました

にんにくと生姜を効かせて
180°の油でからりと揚げる

地鶏特有のシャキッとした歯ごたえに
噛めば噛むほど、鳥の濃くのある
ジューシーな旨味が口一杯に広がります!


添えてあるのはタラコと茄子の漬物

後はご飯と若布のスープです^_^

朝に

ゆったりとご飯を食べていると
とてもリラックス出来て
ノンビリとした気分になれます^_^

[PR]
# by sobamaruki | 2018-06-19 17:56 | スタッフのひとり言
ビンテージ 1988


シャトー・ラングレ
読み方はハッキリしませんが。。。

ビンテージは1988年


c0160518_17053646.jpeg


30年も前に瓶詰めされたワイン。



c0160518_17085180.jpeg


30年という長い時間を経て
どの様なワインに生まれ変わったのか
とても楽しみです。


c0160518_17090729.jpeg

コルク自体はリコルクされたのか
綺麗でしっかりとしたモノでした。

30年という長い時間の経過により
コルクがボロボロになっていて
自分では上手く抜栓出来なかったら
どうしようか心配でした。

実際に過去に一度
ぼろぼろのコルクを抜こうとして
失敗し、ワインの中に崩れたコルクを
落としてしまった経験があります(笑)

このワインはインポーターがスポットで
仕入れたようで
基本的に日本には未入荷のシャトーらしく
ネットで検索しても、日本語のページは見当たらず
フランス語のページばかりでした。

因みにこのワインが瓶詰めされた頃は
このシャトーのカテゴリーは
ボルドースペリオールでしたが
検索してみると現在はサンテ・ミリオンに
格上げされていました^_^

なんか、チョット得した気分です(笑)

今回のように年代の古いワインは
空気に触れた瞬間から、急速に酸化が始まるそうで
抜栓直後から、直ぐに香りが立ち始めました。


c0160518_17092628.jpeg

ワインの色合いは落ち着いた赤色で
エッジの部分の色合いは、煉瓦色を思わせる
色合いになつていて
完全に熟しているようでした。

抜栓直後はどちらかと言えば
サラリとした味わいで
少し豊足りないぐらいの感じでしたが


抜栓後20分足らずで、完全にワインは開き
味わいは複雑さを増し
かなり濃い味わいで、とてもバランスのいいワインでした。

色から想像していた程
その味わいに枯れたニュアンスは無く

柔らかな果実味を残しながらも凝縮感もあり
滑らかでバランスの良いワインでした

ただ、思っていたよりも

美味しさのピークの時間は短く、
一番美味しい時はわずか20分ほど

抜栓後40分程経った頃から

香りは抜け始め、段々と平坦な味わいに
もう少し美味しい時間が続いてくれたらと
ちょっと残念。。。



さてさて。。。


今回のワインに合わせて
用意した料理は

ローストビーフ!


c0160518_17082851.jpeg

&

サラダ!


c0160518_17080855.jpeg



パルメジャーノも用意しましたが
これはなかなか相性悪し!


c0160518_17094267.jpeg

サラダは可もなく不可もなく、といった感じ


さすがにローストビーフは相性抜群でした!
熟したしっかり目の赤ワインには最高
によく合います!



そして


〆は



ローストビーフ丼❗️
かなり旨し!



c0160518_17074408.jpeg

やはり〆には炭水化物は欠かせません!



そして


〆の〆は(笑)


エスプレッソと泡盛のカステラ!


c0160518_17095973.jpeg



これまた旨し!


泡盛カステラはムスメの沖縄土産^_^
京都 、大阪 、沖縄を巡る四日間の旅!

帰ってきたムスメのスーツケースには。。。


開けたらスーツケースの片側半分は
お土産でパンパンに膨れていたそうです(笑)




どんだけ買って来たのか(苦笑)




ご馳走様でした❗️^_^





















[PR]
# by sobamaruki | 2018-06-16 17:15 | スタッフのひとり言
タコのスモークは旨し!
今回は、タコの自家製スモークに挑戦して
見ました。^_^

今までもベーコンは何回か作ってきましたが、
タコのスモークは初挑戦です!(笑)

何時も燻製を作る時には、玄関先の
ちょっとしたスペースを利用して作っています。

c0160518_19375813.jpeg


スモーカーを玄関先に出し、
玄関のドアは開け放ち、自分は玄関の中から、
時折スモーカーの中の温度や、煙の出具合を
チェックしながら、
その間、昼酒を満喫しています。(笑)

もう、完全に宅呑み派ですね。^_^

ウチの周りは住宅街のせいか、
昼時ともなると、とても静かです。

昼酒を飲みながら、
ノンビリ、ゆったりと静かな時間を過ごすのが
何よりのストレス解消方です。

今回の昼酒の相棒は、

ホワイト・ホースです!

c0160518_19383230.jpeg


値段の安さにつられて、つい買ってしまいました。

ホワイト・ホースはストレートで飲むには、ちょっと癖のある香りですが、
ハイボールするなら逆にその香りが和らいで、
個性的なハイボールが出来上がります。

c0160518_19390772.jpeg


これが中々美味しいのです。
まぁ、好みの分かれるところではあると思いますが。。。

普段はハイボールでも、ストレートでも
バランタインのファイネストを飲むことが多いのですが、
ホワイト・ホースもなかなか捨て難いですね。^_^

基本的に昼酒を楽しむ時には
静かな時間を楽しみたいので
テレビや音楽など、音の出るものは
ほぼNGにしています。

そして、そんな時間を楽しむための
もう一人の相棒が 本 です。^_^

今回の本は以前、ゴッホ好きの僕が
思わずそのタイトルにつられて、買ってしまった本。

【ゴッホ殺人事件】

久しぶりに読み返したくなり、
本棚の奥から引っ張り出してきました。^_^

c0160518_19393210.jpeg


さて、相棒も揃ったところで、

スモーク開始!

先ずは買ってきておいた刺身用のタコを
スモーカーの、一番上の網に乗せ
初めは、チップは使わずタコの表面を乾かすため、温乾をします。

タコの表面が乾いたら、いよいよスモークです。

一番下の受け皿にチップを入れ
最初はある程度煙が出るまで強火にします。

煙が出始めたら弱火にして
温燻します。
基本的にあまり高くない温度で燻していきます。

高い温度でスモークする事を、熱薫と呼びます。

スモークしている間に、本を読みながら
チビチビとハイボール。

肴は総菜屋で買ってきた、鳥軟骨の唐揚げ!
軟骨のポリポリとした噛み応えのある食感と、
軟骨に付いた身のシャキシャキとした食感
が食欲をそそります。

c0160518_19402142.jpeg


ハイボールを飲む時に、時々買ってきます。(笑)

時折、温度や煙ので具合を見ては
火加減を調節しています。

ベーコンに比べて、タコの燻製は意外と
時間がかからないので、2時間程で完成です。‼︎

そうこうしているうちに、軟骨の唐揚げも完食し

出来上がったそばから、タコのスモークを実食!


c0160518_19410022.jpeg


(本当は一晩寝かしは方が味が落ち着いて
美味しく食べられます)

それ程強め目には燻していないので
薫香は柔らかで控えめ。

これに上等のオリーブオイルを掛ければ
最高の肴の出来上がり!

おそらくスモーカーが無くても
中華鍋で代用できると思うので
お時間がある時にでも挑戦して見てください(笑)

タコのスモーク旨し!








[PR]
# by sobamaruki | 2018-06-07 19:35 | スタッフのひとり言
無花果(いちじく)の天ぷら!

【いちじくの天ぷら】

今年もこの季節が巡って参りました!

いよいよ、まるきのメニューにも登場です!


c0160518_19344586.jpeg


いちじくのあの鼻を抜けて行く独特の香りと、
何とも言えないあの甘さ、
待ちに待った季節です。^ ^

子供の頃は、全くと言っていいほど
好きになれなかったいちじく。

大人になった今は、この季節が待ち遠しいです。

さて、まるきでも人気の高いいちじくの天ぷら。

この天ぷらを揚げるには、
ちょっとした揚げ方のコツがあります。

それは揚げすぎない事が大切です!
揚げ過ぎてしまうと、いちじくの香りや
甘みがとんでしまいます。

かと言って、揚げ方が足りないと、
中は冷たく、いちじくの持つ甘みや香りが、
開きません。

ほんのりと熱を入れる事により、
初めていちじくの香りと甘みが立って来ます。

そして何よりも、上げ時が非常に難しいのです。
上げ時を計るのは、経験と感に頼るしかありません。
何度も揚げているうちに、段々と油から上げる
タイミングが分かってきます。^_^

上手く上がった時には、思わずニヤリッ(笑)
と、一人ほくそ笑んでいます。


ところで、いちじくは何故?
漢字で書くと【無花果】となるのかご存知ですが?

実はいちじくは、花を咲かせないで実った様に見えたためと、言われています。

だからと言って、花が無いわけではなく、
いちじくの花は実の中にあり、
果肉だと思っていつも食べていた部分は、
果肉ではなく、
あの種だと思っていたプツプツとした部分が花になります。

ちょっとした驚きでした。(笑)

さて、いちじくには意外と多くの
栄養素が、入っているのをご存知ですが?

ちいちじくにはタンパク質分解酵素や消化酵素が
含まれているため、
食べた物の消化を促します。
そのため、胃に負担がかからず、
また食後の後にいちじくを食べると、
胃もたれし辛いそうです。^_^


そして果物や野菜には珍しく、
いちじくは水溶性食物繊維を含むため、
整腸作用があり、腸内環境を整えてくれます。

腸内環境が整うということは、
肌の状態も良くなるという事で、
美肌効果も期待できます!^_^

そして、多くのポリフェノールを含むいちじくには、アンチエイジングや生活習慣病の予防にも、
良いそうです。^_^

美味しいだけではなく、
多くの栄養素を持ついちじく。

今が旬のいちじくを、楽しんで頂けたらと
思います。^_^






















[PR]
# by sobamaruki | 2018-05-25 19:21 | 料理・そば
新メニュー !新ごぼうの唐揚げ!
[新ごぼうの唐揚げ]が新メニューとして加わります!

c0160518_15011840.jpeg

本来なら晩秋から冬にかけて収穫される牛蒡。
そこまで大きく育つ前に、早めに収穫してしまう
若ごぼうを新ごぼうと呼びます。

若いうちに収穫される為、
新ごぼうは灰汁が少なく柔らかめで、
普通の牛蒡と比べると、品が良く優しい香りがします。

その新ごぼうをお出しで炊いて、味を含ませます。

c0160518_15014079.jpeg

味の含んだ新ごぼうに、小麦粉をまぶし
唐揚げにしました。

ほんのりとした牛蒡の香りと、
優しい甘みに油の濃くが加わり、
新ごぼうの味わいや香りを引き立てます。

初夏の香りをお楽しみください!





[PR]
# by sobamaruki | 2018-05-22 14:07 | 料理・そば



酒とそば まるきのスタッフが旬な情報・よもやま話をお届けします。
Calendar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
店舗情報
酒とそば まるき
オフィシャルサイト

北海道札幌市中央区南2条西2丁目きりあきビル1F
電話 011-221-4328 maruki@mado-sapporo.jp

■最寄り駅
地下鉄 大通駅・すすきの駅

■営業時間
ランチ 11:30ー15:30
(ラストオーダー 15:00)
ディナー 17:00ー22:30
(ラストオーダー 22:00)

■定休日
毎週月曜日

■まるきでは少人数からのご宴会も承っております。
お一人 料理4,000円~(お飲物別)人数2名~15名様前後まで。お飲物込みのコースやご予算などお問い合わせ承っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
011-221-4328

カテゴリ
全体

料理・そば
お花
スタッフのひとり言
年越しそば
お知らせ
タグ
(324)
(15)
(13)
(9)
(6)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧